できないことをいちいち叱っていても仕方がないのだそう

先生は勉強ができない・要領が悪い生徒とどう接すればいい?

反抗的なやつには、泣き落とし。これが一番効く。「君に先頭切って動いてもらわないことには、みんなのやる気も起こらない。頼むよ」「君にそういう態度をとられてしまうと、じつにつらい。私の立場もわかってくれ」「君の場合、あともうひと踏ん張りなんだよ。そのひと踏ん張りで、うちの課の業績がグンとアップするんだが……。わかってくれるね」反抗心の強い人間は、相手が高飛車に出れば出るほど、反発する。

あくまで下手に出て、晴にほだす。これも、教師である私がそうだからよくわかるのだが、反抗的な人間ほど、情には弱いものなのそれでもだめなやつは、こう使え。部下を観察する五つのポイント。いくつアメを使っても、いくら巧く説教しても、だめなやつはだめ、できないやつはできない。問題は、そんな連中をどう扱うかである。その前に、できるやつとできないやつをどう見分けるか。これを間違ってしまうと、できるやつの能力を引き出せず、できないやつを過大評価することになる。

いうまでもなく、管理職の仕事は部下の能力を引き出し、また能力を正確に評価して適材適所を実現するところにある。部下に対してどのような評価を下すかは、管理職自身の能力が問われる部分でもある。できるやつとできないやつを見分けるとき、私は次の五つをポイントにしている。第一に、できるやつは実戦的な手段をとるのに対して、できないやつは自己満足の手段をとる。たとえば、できるやつは問題集を繰り返し解くが、できないやつは、テキストの英文をノートに書き写す。それも馬鹿丁寧に。学生時代を思い出してほしい。
私は自分の子どもに家庭教師 東京の先生をつけています。都内であれば派遣サービスもたくさんありますし、探せば安価でも優秀な先生に担当してもらうことができます。
データベースのプログラムを外注すると経営がかなり厳しくなってしまうため、知識のない人間でもファイルメーカーなら簡単に使うことができ、すごく満足しています。


職場で女性を差別することに、はたしてメリットがあるのだろうか。私は、男女の区別をしない。女だからといって甘やかすとか、女だからといって下に見るなどということをやったら、私の信用はまるつぶれだと思っている。また、それこそ利害得失で考えればメリットはなく、むしろデメリットのほうが大きい。

ビジネスの社会でも、同じだろう。というより、損するか得するか、私のいる業界よりもビジネスライクが要求される世界である。仕事ができるものはできる、できないものはできない、能力のあるものが勝ち、ないものが蹴落とされる。能力のある社員を多く抱えた企業が成功する。ただそれだけだ。女だろうが男だろうが、能力のあるものを存分に活用できる管理職に軍配が上がるに決まっている。

What's New
2013/09/18 オススメ記事を更新しました。
2013/09/14 新着記事を更新しました。
2013/09/13 細部にこだわらない度量を更新しました。
2013/09/10 できない人の扱い方を更新しました。
2013/09/08 応用力の問題を更新しました。
2013/09/06 情報の受け止め方を更新しました。
2013/09/05 先生は勉強ができない・要領が悪い生徒とどう接すればいい?を更新しました。
2013/09/02 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
パートナーシステム講演依頼.comエイコーイベントプランニング
在籍する講師はなんと7500人以上。お探しの講師が必ず見つかるサイトです。文化人やスポーツ選手、有名人まで、多彩なジャンルの講演講師を探せるサイトです。大阪のタレント派遣、講師派遣の会社です。スポーツ、教育、営業など幅広いジャンルの講師が在籍しています。